DevOpsフォーラムに参加して

2018年2月27日に、当社も参加しているDevOps推進協議会の
年次フォーラムに出席してきました。
今回が2回目のフォーラムで、昨年と同じ会場であるTEPIAにて
開催されました。

昨年は、新しいもの好きが集まったため人数が多かったのですが、
今年は少し人数は減りましたが、内容は昨年より良く、事例も
増えたので勉強をすることが多かったです。

特にこの1年は、IOT+AIのブームとGAFAがIT業界の盟主に
なりつつあります。
そのビジネスモデルが、スピードリリースおよびインフラが
クラウドのため、そのやり方に日本の開発も追いつかないと
いけないせいもあり、徐々に日本の企業の中でも約20%が、
DevOpsをTRYしています。
事例となった“一休ドットコム”や“ライトオン”というBtoC型の
サイトを持っているところは、まさにこの手法を取り入れよう
としています。

当業界では、大手Sierを頂点とする請負型が幅を利かす中、
GAFAと勝負するには、DevOps的な開発のアプローチや、
その基盤であるリリース、運用の自動化をもっとしていかないと
この業界の進歩はないと感じました。
当社もこれができるエンジニアを育成してまいります。

2018年新卒向けの教育について

2018年4月3日より始まります 2018年度の新人教育 ですが、
お陰様で、たくさんの会社様にお申込みをいただき【満席】
となりました。

2018年はWEBプログラミングを主体に教育をしてまいります。
しかし昨今の技術の進歩には目を見張るものがあります。
今後は、ビックデータやIOT、AIのテクノロジー+マーケティング
業務という新しいITエンジニアのあり方も検討し、カリキュラムの
作成、そのエンジニアを育成しデジタルマーケティングを実践できる
人材も提供していこうと考えております。