A-Force エイ・フォース株式会社

お電話によるお問い合わせ 03-5216-2868


A-forceの考える教育事業について

時代背景

Life Shift


医療が発達して、人間が100歳まで生きる時代、その中で従来のキャリアや資産形成では通用しなくなっております。
特に教育に関しては従来の学校教育だけではなく、社会人になってからの生涯教育が重要になっております。

デジタルトランスフォーメーション


インターネットとそのIoTであるアクセスディバイスの広がり、またクラウドに個人のログデータが溜まり、 それを分析することにより、AIがより最適化された判断ができるようになります。

組織改革・働き方改革


ピラミッド組織からフラット型、ハブ型組織への転換、また育休、産休、 有給の積極的な習得、リモートオフィス、リモートワークが今後主になると思います。

PDCA


言われた通りの業務遂行ではなく、計画、行動、チェック、変更をできる人が今後のできるビジネスピープルになります。
常に生産性を上げるために、共通部分をまとめる、自動化する等の改善ができるかどうかがポイントになります。

   
特にプログラミング等テクノロジー教育については、今後の日本の人口減の中、業務の自動化、 AI化は必須の技術になりつつあります。テクノロジーの習得がアウトプットの差になることは、 下記の表の通りです。
newPeople2
A-forceではこのような時代ニーズに合わせた教育を用意しております。
newPeople

T型人材からπ型人材への進化

そのような中で、今後のビジネスピープルは、テクノロジー等のツールの教育が重要だと考えております。 深い専門分野を2つ以上持つ、π型人材の育成も時代の要求になっております。
t-pi
このページのトップへ