A-Force エイ・フォース株式会社

お電話によるお問い合わせ 03-5216-2868


ERP 導入支援サービス

弊社では、おもにWEBベースで稼働可能なERPとして、中堅企業様向けに下記プロダクトの導入を手がけております。

取扱製品一覧

Infor M3 Enterprise
Management System
グローバル対応で、今後海外への進出、M&A等グローバル化をお考えの企業、 また、外資系企業で日本へのロールインを検討されている企業向けのパッケージです。 アパレルやフット等の色やサイズ、シーズン等の品目マスタがすでに用意されています。
Infor SyteLine MSベースの生産管理パッケージ、初代からコンセプトも変えて柔軟に項目の追加等が 可能なパッケージで、中小の企業でも導入可能なプロダクトです。
ProActiveE2 SCSKが取り扱う、国産の代表的なERPです。 商社等への販売を中心に、以前のバージョンを加えると3000社以上の導入実績があります。 現在は、旧バージョンからE2へのバージョンアップの需要とSAP等の外資系の プロダクトからの乗り換えも増えています。
Biz∫ NTT Data Biz∫社が取り扱う、 Biz∫(SCAWの後継プロダクト)は発売後まだ間もないですが、 もっともポピュラーなフレームワークであるIntraMartを採用しており、今後シェアが拡大していくパッケージであります。
BUCS 日本の国産ベンチャーが取り扱うクラウド型のERPですが、会計モジュールはなく、ものを管理する ロジステック+グループウエアを、クラウド型として提供しています。会計部分は、OBC社の 『奉行シリーズ』とのインターフェースを持っております。


Infor M3 Enterprise Management Systemの特徴

Infor M3

Infor M3 Enterprise Management System(Infor M3)は、製品を製造(make)、流通(move)、保守(Maintain)
するメーカーや、販売・サービスを行う企業向けに作られたアプリケーションであり、お客様のビジネスにフォーカスし、
要件を満たすように作られています。
Infor M3は、製品を製造、流通、保守する企業のニーズに合わせて作られたビジネスアプリケーションであり、
他のInfor製品と組み合わせて運用することが可能です。

お客様の投資から、他のどんなアプリケーションよりも、より多くのビジネス価値を生み出します。
Infor M3が他のシステムと異なる点は、他に比類のないユーザーエクスペリエンスと、統合アプリケーションの幅広さ、
異なる複数のビジネス環境や複雑な環境における管理の柔軟性と、業界の要件に特化した機能です。
Infor M3は、マルチランゲージ、マルチカンパニー、マルチサイトに対応し、お客様のニーズの変化に合わせて柔軟に
変更することが可能です。

また、Infor M3なら、User ProductivityプラットフォームやBusiness Processプラットフォームといった市場最先端の
テクノロジーを利用することが可能です。
TCOを低減し、より多くの投資価値を手に入れられます。

Infor M3システムの完全版は、5つの製品で構成されており、これらがひとつになって、お客様のコアのビジネスの全てを
管理します。
受注から入金あるいは購買から支払など、Infor M3なら全てをコントロールできます。

さらに詳しく

ProActive E2の特徴
ProActive画面サンプル
バーチャル組織複数管理 経営情報システムによる経営指標のモニタリング
多数の管理したいセグメント別組織を持てます
多種のセグメント情報保有 顧客、商品など複数の管理属性(セグメント)を提供
多角的分析可能な管理ビュー・帳票等を標準装備
全業務電子承認設定可能 コンプライアンス遵守のための電子承認システムの標準装備
社内決裁の電子化推進・意思決定の迅速化
ダイナミックな組織変更対応 組織に属する人、モノ、金(従業員、資産、残高)を組織変更の   都度、即座に自動的に組み替え
セキュリティ対応機能の充実 情報漏えい防止のためのセキュリティ機能強化
アクセス権限・制限/アクセスログ解析
コンプライアンスガバナンス対応 IT統制・J-SOXの完全対応
IFRSの対応

さらに詳しく

BUCSの特徴

製造・販売・卸業向けテンプレート式Javaクラウドサービスです。 生産管理、販売管理、債権債務管理、在庫管理、原価管理サブシステムをテンプレートとして提供しております。 ワークフロー管理など内部統制にも対応しております。

BUCS1
BUCS2

さらに詳しく

このページのトップへ